CATEGORY ウォルトン(WTC)

ウォルトン(WTC)とは

Walton(ウォルトン)とはブロックチェーンの技術とRFID技術を融合させてIoTの領域で新しい価値を創造しようとしている仮想通貨。主にWaltonchain(ウォルトンチェーン)と呼ばれるIoTエコシステムの中で利用することを目指している。

ウォルトン(WTC)の基本情報

ウォルトン(WTC)の相場情報

年表

2016年 11月 仮想通貨ウォルトン(WTC)の発行
2017年 10月 Waltonchain親チェーンアルファテスト
12月 Waltonchain親チェーンと財布のオープンテストの発表

Waltonchainとは

Value Internet of Things(価値のインターネット)の実現により、ブロックチェーンとインターネットの有機的統合によって、新しいビジネスエコシステム構築を目指すプロジェクト。
ブロック・チェーン・テクノロジーがInternetからThings of Thingsに拡張され、RFIDテクノロジーとウォルトン・チェーンの組み合わせによって、完全に共有されたデータと透過的な情報を持つ、本物で信頼できるトレーサブルなビジネスモデルが生まれます。Waltonチームは、インフラストラクチャプラットフォームの確立から徐々に小売、物流、製品製造を組み込み、最終的にビジネスエコシステムの全面的な達成に至る4段階の開発計画を策定しています。(公式HPから引用)

参考記事:ウォルトン(WTC)が気になる人向けWaltonchain簡単解説

Waltonchainとウォルトン(WTC)について

ウォルトン(WTC)はビジネスシステム全体を束ねているWaltonchain内で唯一使用できるトークンで、データ移転や資産交換に必要となります。

Waltonchainが親チェーンとなり、そこに参画する企業が子チェーンを作成しその中での取引や販売に対しての手数料としてウォルトン(WTC)を利用します。

Waltonchainプロジェクト運営組織

Waltonchainチームは、ブロックチェーンの統合、物事のインターネット、RFID技術を専門とする一群のパイオニアから構成されています。チームメンバーには、ビジネス、アカデミー、投資のサークルからの中国と韓国のエリートの才能が含まれています。彼らは急速に変化する時代に技術の流れを導く強いコミットメントをもって、ブロック・チェーン技術をインターネットの物語にまで拡張しようと努力しています。このプロジェクトは、シニアブロックチェーン開発者、有名な投資機関、有名な弁護士、ファイナンスの専門家、世界的なチップ設計の専門家、中国のトップテック企業や衣料品事業の上級管理者によって強く支持され、強化されています。(公式HPから引用)

ウォルトン(WTC)が買える仮想通貨取引所一覧

  • Binance
  • Coinlink
  • EtherDelta
  • KuCoin
  • HitBTC
  • COSS

上記のような取引所で購入することが可能です。まだ日本の取引所では取り扱いが始まっていないので少々購入ハードルが高いかもしれません。それぞれの口座の登録方法は下記の記事を見てみてください。

ウォルトン(WTC)のBINANCA(バイナンス)での買い方

http://cryptoinfo.jp/exchange/binance/

ウォルトン(WTC)の最新ニュース