ウォルトン(WTC)が気になる人向けWaltonchain簡単解説

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

IoT×ブロックチェーンの領域で徐々に注目を浴びてきている 仮想通貨 ウォルトン(WTC) 。そんな噂を聞いてウォルトン(WTC)の購入を検討している人に向けてウォルトン(WTC)が利用されるWaltonchainについて簡単に解説していきます。

「そもそもウォルトン(WTC)ってなんだっけ?」という方はぜひこちらのページを覗いてみて下さい。

仮想通貨ウォルトン(WTC)とは?

Waltonchain(ウォルトンチェーン)とは?

WaltonchainはRFID技術とブロックチェーン技術を統合し、IoTをブロックチェーンの中に組み込むことで新しいビジネスエコシステムを構築しようとしています。VIOT(価値とモノのインターネット)を実現するプロジェクトであるとも言われています。日本国内のSUICAでも利用されているRFID(Radio Frequency Identifier)という技術とブロックチェーンの技術を組み合わせることで、あらゆるモノをブロックチェーン上で管理できるようになります。例えば所有権が今誰の手にあるのか、物流網のどこにあるのかなどがわかるようになるのです。

RFID(Radio Frequency Identifier)技術とは?

RFID技術とは、ICと小型アンテナが組み込まれたタグなどの媒体から、電波を介してRFタグの情報を読み書きする非接触型の自動認識技術です。RFタグは内蔵したメモリのデータを電波を用いて非接触で読み書きする情報媒体のことを指します。(RFタグは電子タグ、ICタグ、無線タグ、RFIDタグ等様々な呼び方をされている。)

(画像引用元:https://www.denso-wave.com/ja/adcd/fundamental/rfid/tec.html

どんなものに活用されているか

RFID技術は我々の身の回りでもたくさん活用されています。例えば下記のようなものです。

  • アパレル、小売りなどの商品棚卸しや補充管理
  • 物流倉庫の入出庫管理
  • カードをかざして施錠・解錠などを行う入退室カード
  • 交通カード(Suica、ICOCAなど)
  • 図書館やレンタルビデオ屋などの本・ビデオの貸出管理

(画像引用元:https://www.denso-wave.com/ja/adcd/fundamental/rfid/tec.html

バーコードとRFIDは何が違うのか?

バーコードと比較した際にRFIDが優れている点は下記になります。

  • 通信距離が長い(数十メートル以上可能)
  • 同時読み込みが可能
  • 書き込みも可能
  • 記憶容量が大きい
  • 汚れに強い

しかしながら唯一の弱点と言っていいのは「コストの高さ」です。バーコードは印刷コストだけで済むので現状はバーコードが広く普及しています。

(画像引用元:https://www.denso-wave.com/ja/adcd/fundamental/rfid/tec.html

RFIDの実際の活用事例

世界的な小売企業のウォルマートや国内アパレル大手のSHIPSやBEAMSなど多くの現場でRFIDを活用した在庫管理導入は進んでいます。ただ、金銭コストや導入コストを考えると全てを一気に置き換えることは難しいようです。また、RFタグ自体には個体を識別するIDのみが記録されていることが多く、個体の様々な情報はデータベースシステムで管理する必要があるためデータベース構築コストもハードルの1つとなっている。

Waltonchainプロジェクトが実現したいこと

冒頭でも説明した通り、WaltonchainはRFID技術とブロックチェーンの技術を組み合わせることで、あらゆるモノをブロックチェーン上で管理できることを目指しています。大きな特徴の一つにハードウェアとソフトウェアを組み合わせて基本的な計画や構想練られているという点が上げられます。RFIDのチップもWaltonchainチームは独自で開発しています。

Waltonchainプロジェクトは大きく4つのフェーズに分けて取り組んでいくと発表されています。

フェーズ①

プロジェクトのフェーズ1.0については、RFIDに基づく衣服システム統合スキームを開発する。このシステムはTries、SMEN、Kaltendinに実装されている。独自の知的財産権を持つRFIDビーコンチップの研究開発を開始し、このチップは従来のRFIDチップに基づく非対称暗号アルゴリズムを統合し、IoTとブロックチェーンの完全な組み合わせを達成することを目指している。RFIDをベースとした衣料品産業のチームが作成した統合ソリューションは、従来の衣料品業界のストレージ、小売店、アフターサービスに存在する一連の深刻な問題を解決しWaltoncoinのプラットフォームの統合を完了させる。

フェーズ②

RFIDビーコンチップが量産され、衣料品、B2Cの小売および物流に使用され、フルパスロジスティクス情報のリンク、店舗ピックアップ、価格設定、発注、梱包と保管、仕分けと流通、店舗管理、派遣などのマルチシナリオブロックチェーンのデータ構造を照合することにより、ロジスティクス業界全体のビジネスプロセスを達成することができる。顧客の署​​名、顧客の評価とフィードバック、RFIDをベースとした個人識別認証やブロックチェーンレコードの非改ざんやオープントレーサビリティの利点を生かし、安全で信頼できるポイントツーポイントの物流情報チャネルを構築し、ロジスティクスのためのビジネスオートメーション管理情報プラットフォームを提供することを目的としています遅延、間違った注文を系統的に回避することが可能となる。

フェーズ③

製造業者はインテリジェントパッケージングのトレーサブルなカスタマイズを実現する。生産サイクルの記述に使用される普遍的なデータ構造は、ブロックチェーンに書き込まれる。カスタマイズ可能なデータ構造設計は、トレーサビリティによって異なる製品に対して実施されます。RFIDの身元確認に基づいて真正性と信頼性を保証することができる。材料の購入、生産、組立作業、包装および在庫管理を含むすべてのプロセスが対象となります。材料源と生産品質を検証し、品質問題の原因を追跡することができる。消費者の利益を根本的に保証するために偽造の可能性を排除することが可能となる。

フェーズ④

資産情報収集ハードウェアのアップグレードと反復、およびブロックチェーンのデータ構造の改善により、すべての資産を将来Waltonchainに登録することができる。資産所有、商品トレーサビリティ、取引伝票の問題を解決することができる。WaltonchainとWalton Coinは物理的な世界で広く使用され、世界の生産モードと人々の生活を変えることになる。Waltonchainプロジェクトは、Waltonchain投資家にとってより便利でインテリジェントで信頼性の高い世界、そして素晴らしいリターンを全員にもたらします。

以上がWaltonchainチームが発表している4つのフィーズになります。

今後もプロジェクトの進捗がHP上に随時更新される予定なので気になる人はぜひチェックしてみて下さい。

また、Waltonchainプロジェクトはとても壮大なプロジェクトなので一つずつ実現に近づく中でウォルトン(WTC)の価格も大きく上昇することが期待できます。Waltonchainのトークンであるウォルトン(WTC)に興味が湧いた人は下記の取引所で購入できます。

ウォルトン(WTC)が購入できる取引所一覧

  • Binance
  • Coinlink
  • EtherDelta
  • KuCoin
  • HitBTC
  • COSS

 

仮想通貨取引所 BINANCE(バイナンス)の登録方法と利用方法

まずは取引所に登録を!

アプリ利用者数No.1!サポート対応もよく初心者にオススメ。
豊富なアルトコインをすぐに購入可能!

バイナンス

100種類を超えるアルトコインの取扱い!注目の高騰銘柄を入手するならココ!
仮想通貨トレーダーの主戦場。乗り遅れる前に登録を。

XEMやMONAコインがお得に買える取引所!
ビットコインやメジャーアルトコインの板取引トレードを学ぶならココ!