【リップル年表大公開】2018年大注目銘柄リップル(XRP)の凄さを紐解こう!

ビットコイン取引高日本一の仮想通貨取引所 coincheck bitcoin

2017年12月に急激な値上がりをみせ、改めて注目を浴びている仮想通貨リップル(XRP)。

その歴史を紐解いていくと、リップルがただの仮想通貨としてではなく、いかに革新的なことをかたちにするために用意周到に準備を進めてきたのかを理解することができるはずです。

プロジェクトが始動したのは2004年頃なのですでに13年以上が経過しています。また、多くの大物をアドバイザーや経営陣に招き入れ、大人の組織として計画的に運営されてきたこともわかります。

2004年 Ryan FuggerがRipplepay(Ripple payment protocol)を考案
2005年 RipplePay.comが始動
2012年 8月 Chris Larsen(E-Loan, Prosper創業者)とJed McCalebがRippleプロジェクトに参画

Ryan FuggerがRippleプロジェクトの指揮権を譲渡

9月 Chris LarsenとJed McCaleb等がOpenCoin Inc.を設立

OpenCoin inc.がRipple Transaction Protcolの開発を開始

2013年 4月 アンドリーセン・ホロウィッツ等がOpenCoin Inc.に150万ドルを出資
5月 Google Venturesなどが140万ドルを出資
 9月 Ripple Labs Inc.に社名を変更
 2014年 1月 Karen Gifford(元FRB法律顧問)がRipple Labs Inc.の最高法令遵守責任者に就任
5月 Fidor Bank(ドイツの銀行)とパートナーシップを締結
 9月 アメリカのCross River BankとCitizens Bank of Wierがリップルの採用を表明
 2015年  1月 Gene Sperling(ホワイトハウス前経済顧問)がRipple Labs Inc.の取締役に就任
 2月  W3CのWeb Payment Interest Groupに参加

CFSI(Center for Financial Services Innovation)に加盟

Fidor Bankが次期送金システムにRipple プロトコルの採用を表明

 3月  IPFA(International Payments Framework Association)に加盟
 4月  Brad Garlinghouse(Yahoo!元上級副社長)がRipple Labs Inc.の最高運営責任者(COO)に就任
 5月  Matthew Mellon(ニューヨーク共和党財政委員会会長)がRipple Labs Inc.のグローバル・アンバサダーに就任

Ripple Labs Inc.がシリーズAで2800万ドルを調達

Commonwealth Bankがリップルの採用を表明

6月 Westpac BankとANZ BankがCommonwealth Bankと共同でRippleの実証実験を開始

Royal Bank of ScotlandがRippleテクノロジーを利用した実証実験を開始

Bluzelleがリップルの採用を表明

8月 Bret Allenbach(Paypal元最高財務責任者)がRipple Labs Inc.の最高財務責任者(CFO)に就任
10月 Ripple Labs Inc.がRipple Inc.に社名を変更

Ripple Inc.がRipple ConnectとRipple Streamを発表

Ripple Inc.がInterledger Protocol(ILP)を発表

Mariano Belinky(Santander InnoVentures業務執行社員)が Ripple Inc. の取締役に就任

Santander Bankがリップルの実証実験を開始

2016年  1月  SBIホールディングスがRipple Inc.に出資、発行済み株式の17%を取得

Ripple Inc.とSBIホールディングスが合弁会社 SBI Ripple Asiaの設立を発表

 4月  Ripple Inc.がNPCI(National Payments Corporation of India)に加盟

Marcus Treacher(元SWIFT取締役)が Ripple Inc. の Global Head of Strategic Accounts に就任

Cameron Kinloch(元Goldman Sachs重役)が Ripple Inc. の VP of Finance に就任

MITがブロックチェーンの研究にRippleを採用

 8月  SBIホールディングスと SBI Ripple Asia が『国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』を設立を表明

横浜銀行と住信SBIネット銀行が『国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』の発足メンバーとして参加を表明

Ripple Inc. が500億XRPを2021年末まで保持する方針を発表

 10月  みずほフィナンシャルグループ、三井住友信託銀行、りそな銀行、新生銀行、イオン銀行、千葉銀行、広島銀行を含む邦銀42行が『国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』に参加
 2017年 3月  大分銀行、スルガ銀行、東京スター銀行、百五銀行、山口銀行が SBI Ripple Asia の『国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』に参加

Ripple Inc. の Chris Larsen(取締役会長)が IMF のアドバイザーに就任

 4月  愛媛銀行、沖縄銀行、商工組合中央金庫、千葉興業銀行、東和銀行、農林中央金庫等が SBI Ripple Asia の『国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』に参加

SBI Ripple Asia の『国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』が XRP を利用した送金実験を開始

5月 Ripple Inc. が550億XRPをロックアップすることを発表

Ripple Consensus LedgerがXRPLedgerに名称を変更

秋田銀行、名古屋銀行、三菱UFJ信託銀行が SBI Ripple Asia の『国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』に参加

6月 CoincheckがXRPの定期預金サービスを開始

SBIレミットが日本-タイ王国間でリップルを利用した国際送金を開始

Krungsri(アユタヤ銀行)がリップルの採用を表明

7月 ゆうちょ銀行と三井住友銀行が SBI Ripple Asia の『国内外為替一元化検討に関するコンソーシアム』に参加
8月 Ripple Inc.がxCurrent, xRapid, xViaを発表

Anja Manuel(元アメリカ合衆国国務次官特別顧問)が Ripple Inc. の取締役に就任

 10月 RippleNetの参加金融機関が100行を突破

Ripple Inc.とBill & Melinda Gates Foundationがモバイル決済プラットフォームMojaloopの開発で提携

11月 American Expressが国際商業送金サービスFX International Payments (FXIP)へのRippleの統合を発表

Benjamin Lawsky(ニューヨーク州金融サービス局初代局長)が Ripple Inc.の取締役に就任

Ron Will(元Yahoo!副社長がRipple Inc.の最高財務責任者(CFO)に就任

Michael Arrington(TechCrunch創業者)が全XRP建てのヘッジファンドArrington XRP Capitalを設立

12月 Ripple Inc. が暗号エスクローを利用した550億XRPのロックアップを実施

Zoe Cruz(元モルガン・スタンレー共同社長)がRipple Inc.の取締役に就任

日韓の金融機関がRippleを利用した国際送金実験を実施

以上が2017年12月までのRipple社の年表になります。2018年の分は随時追加していきたいと思います。

Rippleの変遷にふれ、さらにリップル(XRP)に興味が湧いた人は購入を検討してみるのも良いかもしれません。

まずは取引所に登録を!

アプリ利用者数No.1!サポート対応もよく初心者にオススメ。
豊富なアルトコインをすぐに購入可能!

バイナンス

100種類を超えるアルトコインの取扱い!注目の高騰銘柄を入手するならココ!
仮想通貨トレーダーの主戦場。乗り遅れる前に登録を。

XEMやMONAコインがお得に買える取引所!
ビットコインやメジャーアルトコインの板取引トレードを学ぶならココ!